ツール・ド・みちのく2016 1日目の様子



 ツール・ド・みちのくとしては珍しく、前日の設営から初日に至るまでほぼ快晴、雨に祟られることもなく素晴らしい一日となりました。沿道での声援も多く、イベントの知名度も徐々に上がってきたのを実感します。
 1日目はラ・フランス温泉館をスタート地点とし、花巻、北上と内陸山間部を南下、奥州市を横切って一関市東山町でS.Sを行い、さらに西へと進んでゴールの大船渡温泉へ向かいました。

「ツール・ド・みちのく2016 1日目の様子」への1件のフィードバック

  1. 毎年眺めているうちに出たくなってきました。しかしうちの初代コペンでは出場資格はないですね。残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)