No.12 1965年式 アストンマーティン DB5


泉山 信兒・泉山 美由樹ペア

車両解説

 さあ、昨シーズンのウィナーの登場です!
 言わずと知れた映画『007』のボンドカーですね。『ゴールドフィンガー』の他も数回登場しています。また、映画『キャノンボール』にもロジャー・ムーアのマシンとして登場しています。
 アストン・マーティンといえばイギリス本国でも貴族階級の人しか買えないくらいもうべらぼうに高い車なんですが、現在に至るまで生産工程の大半を熟練した職人さんが1台1台手作業で行っているという事で採算はあまり重視していないそうです。
 器用貧乏と言いますか、さすが英国と言いますか……しかしそういう所がアストンの持つ風格に表れているんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください