No.09 1963年式 トライアンフ TR4


菊池 洋・菊池 京子ペア

車両解説

 トライアンフのTRシリーズの中で一番人気があるのが通称「トラよん」と呼ばれるこのTR4ではないでしょうか?
 これまでのTR1からTR3までとは大きく印象が変わりまして、同時期に販売されていた「ヘラルド」や「スピットファイア」と同様イタリアのミケロッティがデザインしたモダンなスタイリングが特徴、ブリティッシュスポーツカーの王道と言えるMGと対極にありました。
 トライアンフの4輪車部門は1984年に100年に及ぶ歴史に幕を閉じてしまったのが残念ですが、最後のトライアンフであるアクレイムというクルマはホンダ・バラードの兄弟車だったんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください